ここから本文です

クロップ監督、リヴァプール史上最高額で獲得した“超快速アタッカー”を早くもベタ褒め?

6/24(土) 0:10配信

theWORLD(ザ・ワールド)

「信じられない速さ。強い攻撃陣をさらに強化してくれる」

リヴァプールは22日、以前から移籍が噂になっていたエジプト代表FWモハメド・サラーを、ローマから獲得したことを正式発表した。クラブの指揮官を務めるユルゲン・クロップ監督も、この超快速アタッカーへの大きな期待を明かしている。

クラブ史上最高額となる4200万ユーロ(約52億円)でリヴァプールへ加入したとされるサラー。クラブの公式サイトのインタビューに応じたクロップ監督は、同選手について「モハメドは、経験とポテンシャルを兼ね備えている。我々にとって本当に素晴らしい契約だよ」とコメントした。

そして「彼はプレミアリーグを知っているし、イタリアでの記録も素晴らしいよ。我々のチームを強化するだけのクオリティも持っている。彼の速さは信じられないほどだからね。我々の攻撃陣はすでに強いが、彼がさらに強力なものにしてくれるだろう。ただ、最も重要だったのは、彼のハングリー精神だ。我々のためになるだろう。彼はより上手くなるための強い思いを持っているからね」と述べ、獲得理由なども明かしている。

さらに「我々には素晴らしいサポーターもいるし、彼も興奮しているんじゃないかな。彼はトップレベルで勝つことを望んでいる野心的なプレイヤー。リヴァプールは彼の野心を満たすことができると思うよ」とも話した。

自身初のプレミアリーグ挑戦となったチェルシーでは苦戦を強いられたが、イタリアでひと回りもふた回りも成長しサラーは、新天地リヴァプールで輝きを放つことができるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/