ここから本文です

ディーン・フジオカ、結婚詐欺師を演じ「俳優に近い部分ある」

6/24(土) 16:09配信

ぴあ映画生活

俳優のディーン・フジオカが6月24日、都内で行われた主演作『結婚』の初日舞台あいさつに出席。本作で結婚詐欺師を演じ「自分との共通点を探すのは難しいですが、ウソもあるファンタジーに説得力が求められる点は、俳優の仕事に近い部分がある」と語った。

『結婚』初日舞台あいさつ/その他の写真

直木賞作家の井上荒野による、“結婚詐欺”をテーマにした同名長編小説を映画化。ディーン・フジオカがあらゆる女性たちの心の隙間に入り込む魅惑的な詐欺師という異色の役どころに挑戦した。舞台挨拶にはディーンをはじめ、共演する柊子、萬田久子、貫地谷しほり、NHK連続テレビ小説『あさが来た』でチーフ演出を務め、本作のメガホンをとった西谷真一監督が出席した。

ディーンは「犯罪者役は、初めてではないんですけど(笑)」と前置きし、「ピアノを弾きながら、セリフのやり取りをしたのが技術的にも難しく、やりがいがあるチャレンジでした。現場で弾いた(ピアノの)音を録って、本編に使われている」と難役を回想。萬田から「上手に詐欺師、できるかもよ」と“太鼓判”を押されると、安堵の表情だった。

また、貫地谷は悪天候の中で撮影されたディーンとのキスシーンを振り返り、「すごい雨?もう台風でしたよ(笑)。ディーンさんは背が高いから、(上から)私の口にえらい水が入ってきて…。監督の仕業で、危うくおぼれそうでした」と苦々しい表情を浮かべる場面も。「大人の色気とは?」という質問には、「作り出すものではなく、醸し出すもの」(萬田)、「果物が腐る直前の、一番おいしい時期」(西谷監督)と各々が持論を展開した。

『結婚』
公開中

取材・文・写真:内田 涼

【関連記事】

最終更新:6/24(土) 20:14
ぴあ映画生活