ここから本文です

奇跡だった…燃える家から女性救う 春日部署が5人表彰、涙浮かべる

6/24(土) 10:30配信

埼玉新聞

 埼玉県春日部市浜川戸で今月15日未明に起きた住宅火災で、近隣住民が連携して火災現場から女性を救出したとして、春日部署は21日、市内に住む男女5人に感謝状を贈った。
 
 5人は近所に住む会社員詫間啓耀さん(27)、山口博一さん(49)、遠藤久美さん(51)、次女の千香子さん(23)、母親の栄子さん(81)。
 
 5人は15日午前1時35分ごろ、近所で起きた火災に気付き、逃げ遅れた1人暮らしの女性(66)を救出した。
 
 詫間さんは「パチパチという音がしたので外を確認した」と火災を発見し、大声で「火事です」と近所に伝えた。
 
 隣に住む遠藤久美さんが家の中から動けなくなっている女性を発見。千香子さんや山口さんとともに女性を家の外に運び出した。
 
 火災発見から地域住民が連携し短時間で女性を救出した。感謝状を受け取った遠藤久美さんは、一連の出来事を振り返り「あと1分遅かったらと思うと恐ろしい。本当に奇跡だった」と目に涙を浮かべた。

最終更新:6/26(月) 18:35
埼玉新聞