ここから本文です

資産9兆円!アマゾンCEOジェフ・ベゾスの華麗なる半生

6/24(土) 21:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

アマゾンの創業者兼CEOであるジェフ・ベゾスは、テック業界でもっとも影響力のある人物の1人で、約820億ドル(約9兆円)の純資産を保有する。 アマゾンは今では年間1360億ドル(約15兆円)を超える商品を販売している。 元ヘッジファンダーのベゾスが、はじめの一歩を踏み出し、世界の大富豪の1人になった経緯を紹介する。

【画像】資産9兆円!アマゾンCEOジェフ・ベゾスの華麗なる半生

ジェフ・ベゾスの母、ジャッキーが彼を1964年1月に出産したとき、彼女は10代だった。

その後、キューバ移民のマイク・ベゾスと再婚し、彼はジェフを自分の養子にした。ジェフは、自分が10歳になるまでマイクが本当の父親ではないことを知らなかった。当時はその事実より眼鏡が必要になったことに戸惑ったという。

ベゾスが4歳のとき、彼の母親は、かつてサーカスのパフォーマーとして働いていた彼の実の父親に対して、自分たちの生活には関わらないように言った。ブラッド・ストーン氏が自身の著作『The Everything Store(邦題:ジェフ・ベゾス 果てなき野望)』でベゾスの実父にインタビューをしたとき、 実父は実の息子が、こんなに立派に成長していたことを、全く知らなかった。

ベゾスは幼少期から非凡な才能を見せていた。 幼い彼はネジ回しで自分のベビーベッドをばらばらにしてしまった。というのも、彼は大人が使うベッドで寝たかったのだ。

4歳から16歳まで、ベゾスはテキサスの祖父母の牧場で夏を過ごし、風車の修理や雄牛の去勢などの作業を行った。

彼の祖父、ローレンス・プレストン・ガイスは、ベゾスに大きな影響を与え、彼が知的探求へ情熱を傾けることに一役買った。2010年の年頭所感では、「賢くあるより、優しくあるほうが難しい」とガイス氏が教えてくれたと述べている。

ベゾスは『スタートレック』の再放送に夢中になり、その後の新エピソードのファンにもなった。会社設立初期の段階では、ジャン=リュック・ピカード艦長のセリフを引用して、Amazon MakeItSo.comという名前を考えていた。

学校で、ベゾスは「人類の未来は、この惑星にはない」と教師に語った。子どもの頃、彼は宇宙起業家になることを望んでいた。 現在、彼はブルーオリジン(Blue Origin)という航空宇宙会社を所有している。

ベゾスは10代の頃、マクドナルドで働き、つまらない夏を過ごした後、ガールフレンドと一緒に「ドリーム・インスティテュート(Dream Institute)」という10日間の子供向けサマーキャンプを企画した。参加費は子ども一人当たり600ドルで、どうにか6人を集めた。『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズを必読書とした。

プリンストン大学に入学したベゾスは、コンピュータサイエンスを専攻した。大学を卒業したベゾスは、インテルとベル研究所からのジョブオファーを断り、Fitelというスタートアップに入社した。

Fitelを辞めたあと、ベゾスは、後にCNETを創設することになるハルシ―・マイナー(Halsey Minor)と一緒に、ファックスでニュースを配信するスタートアップをローンチする寸前までいった。

代わりに、彼はヘッジファンド運営のDEショー(D.E. Shaw)に転職し、そこで 彼は、わずか4年で上級副社長に昇進した。

一方、ベゾスは、彼が言うところの「ウーマン・フロー」を増やす計画の一環として、社交ダンスのレッスンを受講した。ウォールストリートの金融マン達が「ディール・フロー」を増やすプロセスを持っているのと同じように、ベゾスは女性との出会いについても分析した。

1993年、彼はDEショーのリサーチ・アソシエイト、マッケンジー・タトル(MacKenzie Tuttle )と結婚した。現在、彼女は小説家だ。

1994年、ベゾスはインターネットビジネスが1年で2300%成長したことを知った。この数字に彼は驚き、この急成長を利用する方法を見つけようと決心した。彼はオンラインで販売できる可能性のある20の製品をリストアップし、その中から書籍がもっとも成功する可能性が高いと判断した。

ベゾスは素晴らしい職務に就いていたのにもかかわらず、DEショーを辞める決断をした。

「人はある活動の真っ只中にいる時、些細なことに惑わされることがある」と彼は後に語った 。「私が80歳であれば、1994年の最悪の時期に、ウォールストリートのその年のボーナスをもらわずに業界を去ることは、たいして大きなことではない。そんなことは80歳の人が気にかけることではない。しかし、このインターネットと呼ばれる革命に関わらなかったら、心から後悔することは分かっていた。そう考えたら、私はいとも簡単に決断することができた」

DEショーの上司は、説得して、辞職を諦めさせようとしたが、ベゾスはすでに自分の会社を設立することを決めていた。彼はまったく挑戦しないよりも、スタートアップで挑戦して失敗したほうがましだと考えていた。

そうして、アマゾンが誕生した。マッケンジーとジェフはテキサスに飛んで、父親から車を借り、シアトルに向かった。道中ずっと、ベゾスは助手席で収益予測を立てていたが、グランドキャニオンで日の出を見るため、車を停めることも忘れなかった。

ベゾスは、ダルマストーブを置いたガレージでAmazon.comを立ち上げた。ミーティングの大半は近所の大手書店チェーンのバーンズ・アンド・ノーブルで行った。

設立当初は、注文を受けるたびに鐘がオフィス内で鳴らされ、みんなが集まってその顧客が知り合いかどうかを確認した。その鐘が頻繁に鳴るようになり、数週間で鳴らすのを止めた。

1/2ページ

最終更新:6/24(土) 21:10
BUSINESS INSIDER JAPAN