ここから本文です

竜の巨大モザイク壁画現る 高校生、紙370枚つなぎ作成 25日文化祭で公開 /館山

6/24(土) 12:02配信

千葉日報オンライン

 千葉県館山市の安房西高校の2年生63人が、竜を描き込んだ巨大モザイク壁画を作成した。大きさは横5・5メートル、縦7・2メートルあり、A3用紙370枚に鉛筆で色を塗り、つなぎ合わせた。あす25日の文化祭で体育館の舞台上に飾り付け、公開する。

 他の学年が100人超いるのに比べ、生徒数が少ない2年生が壮大なことを達成しようと企画。手間がかかり迫力が出せるモザイク壁画に目を付けた。文化祭のテーマが「画竜点睛」であることから、京都府の大徳寺にある雲竜図をモチーフにした。

 生徒たちは5月中旬から、専用ソフトを使ってドット柄に写した絵を基に、用紙一枚一枚に2Bの鉛筆で色塗り。総合学習の時間や休み時間、放課後を活用した上、自宅に持ち帰り作っていった。紙は飾っても破れないようブルーシートの上に貼り付けた。

 壁画作成でリーダーを務めた古山花楓さん(16)は「みんなでこれだけ大きな物を初めて作ったので達成感がある。地域の人に少ない人数でもできるということを見てもらいたい」と話した。