ここから本文です

高橋みなみ 終始引き気味

6/24(土) 19:10配信

ニッポン放送「しゃベル」

6月18日(日)夜放送の「高橋みなみと朝井リョウ ヨブンのこと」で、この番組としては初となる、公開収録を行った。

今回はスペシャルウィークということで、“公開収録スペシャル”と称して放送した今回。参加した37人のチームY(リスナー)へ、「ありがとうございます、来てくださって!」「今日はどこから来たんですか?」と呼び掛け続ける朝井だが、実はこの放送、チームYからのメールに添付されていた自撮り写真を椅子に貼り付け、公開収録と銘打ってそれっぽくやっているだけ。番組を収録しているイマジンスタジオにはスタッフ以外誰もいないということが、高橋より明かされた。

誰もいないにも関わらず、やたらとテンションの高い朝井は、「ラジオでできる新しい企画ってもうなくなったんじゃないか?って思ってましたが、まだあったんです!疑似公開収録という企画が!」と、この企画に類まれなる斬新さを感じている様子。

最近では、ラジオを放送している様子などを映像で配信している番組も少なくないが、朝井はこれに対しては正直反対派だといい、「ラジオって最小限の情報で楽しむから、距離が近く感じたりとか、トークだけに集中できたりとかってのがあると思う。」と語えい、今回の企画はそのちょうど中間をいっていると、なおも絶賛した。

さらに、通常、公開収録の模様をラジオで流すと、公開収録に来た人しか楽しめなかったり、その場では面白いやり取りがラジオ聴いたら意外とそうでもなかったり、賛否が分かれるところがあるが、この企画はそういった問題においてもクリアしていると、朝井は熱烈に語り続けた。

そうした企画の中で、実際に37人ものチームYメンバーが自撮り写真付きメールを送ってきたことに対し、高橋は「正直、誰も送ってこないだろと思った」と驚きの様子を見せた。朝井も「写真付きじゃなかったらこんなの読まねーよ!っていうメールもいっぱいあったけど、それがすごく愛しい(笑)」と喜びを表現。届いたメールと顔写真を照らし合わせながら、「いじりまくりたい。温泉が出るまで掘りたい!」と疑似公開収録への意気込みを語った。

早速客席に降りて、チームYのメンバーと触れ合う2人。そうして1人1人いじっていく中で、様々な人がこの番組を聴いていることが判明していく。

1/2ページ