ここから本文です

フェデラーが前年度覇者マイヤーに快勝 [ハレ/男子テニス]

6/24(土) 15:00配信

THE TENNIS DAILY

 ドイツ・ハレで開催されている「ゲリー・ウェバー・オープン」(ATP500/6月19~25日/賞金総額183万6660ユーロ/グラスコート)のシングルス準々決勝で、今大会8度の優勝を遂げているロジャー・フェデラー(スイス)が、前年度覇者のフロリアン・マイヤー(ドイツ)を6-3 6-4で倒し、大会13度目の準決勝進出を決めた。

錦織は途中棄権で2回戦敗退、カチャノフが準々決勝へ [ゲリー・ウェバー・オープン]

 16番目のグラスコート・タイトルを目指すフェデラーは、自身のサービスゲームで11本のサービスエースを決め、2度のブレークポイントをしのぎ、マイヤーのサービスゲームでは2度のブレークに成功した。

「厳しい場面もあったけど、落ち着いてプレーできたと思う。サービスの調子もよかった。徐々に調子が上がってきている証拠だね」とフェデラーは試合を振り返った。

 今大会まだ1度もセットを落としていないフェデラーは、マイヤーに勝利したことで大会通算戦績を57勝6敗とした。

 フェデラーは準決勝で、21歳のカレン・カチャノフ(ロシア)と対戦する。カチャノフは準々決勝で、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場した19歳のアンドレイ・ルブレフ(ロシア)を7-6(8) 4-6 6-3を倒しての勝ち上がり。

「カチャノフのことはよく知らないので、この試合は気を引き締めていこうと思う」とフェデラーはコメントした。

 約10週間の休養から先週のシュツットガルト(ATP250/グラスコート)で復帰したフェデラーは、初戦となった2回戦で引退前の最後のシーズンをプレーしている39歳のトミー・ハース(ドイツ)に6-2 6-7(8) 4-6で敗れていた。

 もう1つの準決勝では、第4シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)とリシャール・ガスケ(フランス)が対戦する。ズべレフは準々決勝で第7シードのロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)を6-7(6) 7-6(1) 6-1で退け、一方のガスケはロビン・ハッサ(オランダ)を6-1 3-6 6-1のフルセットで倒して4強入りを果たした。(C)AP (テニスマガジン/テニスデイリー)

Photo: HALLE, GERMANY - JUNE 22: Roger Federer of Switzerland returns the ball during the men's singles match against Mischa Zverev of Germany on Day 6 of the Gerry Weber Open 2017 at Gerry Weber Stadion on June 22, 2017 in Halle, Germany. (Photo by Joachim Sielski/Bongarts/Getty Images)

最終更新:6/24(土) 15:00
THE TENNIS DAILY