ここから本文です

23歳の尾崎里紗 ストレート勝ちで本戦入りへ王手<女子テニス>

6/24(土) 13:14配信

tennis365.net

AEGON国際

女子テニスツアーのAEGON国際(イギリス/イーストボーン、芝、WTAプレミア)は23日、シングルスの予選1回戦が行われ、予選第9シードの尾崎里紗がJ・カコ(アメリカ)を7-5, 6-0のストレートで下し、本戦入りへ王手をかけた。

【尾崎里紗 ブレークスルー選出】

今大会の予選は、2試合を勝ち抜くと本戦への出場権を獲得出来る。

この日、3度のブレークに成功して第1セットを先取した尾崎は、続く第2セットでカコに1ゲームも与えない試合を展開し、1時間20分で勝利を手にした。

予選2回戦では、予選第6シードのV・レプシェンコ(アメリカ)と対戦する。

23歳の尾崎は今季、マイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、WTAプレミアマンダトリー)で大会初のベスト16進出。大会後には女子プロテニス協会のWTAから「WTAブレークスルー・オブ・ザ・マンス」に選出され、世界ランキングで自己最高の72位を記録した。

現在行われているマヨルカ・オープン(スペイン/マヨルカ島、芝、WTAインターナショナル)の本戦に出場していたが、1回戦で元世界ランク1位のV・アザレンカ(ベラルーシ)にフルセットで敗れていた。

tennis365.net

最終更新:6/24(土) 13:14
tennis365.net