ここから本文です

新シャシーでオランダGP決勝に臨むバレンティーノ・ロッシ「まだ作業は多いが、かなり満足している」

6/24(土) 10:15配信

motorsport.com 日本版

 バレンティーノ・ロッシは、ヤマハがバルセロナテストに持ち込んだ新しいシャシーを金曜日のフリー走行でもテストした。彼はその結果に満足しており、オランダGPのレースにも新しいシャシーで臨むようだ。

【スパイショット】ガレージで組み上げられるバレンティーノ・ロッシのバイク。これがヤマハの新シャシー?

 ロッシは、金曜日の走行を終えて総合6番手。チームメイトでトップタイムをマークしたマーベリック・ビニャーレスから0.7秒遅れだった。

 カタルニアGP後にバルセロナで行われたテストで、新シャシーを初めてテストしたロッシは、旧シャシーよりも自分のスタイルに適していると感じたようだ。

 金曜日の走行を終えた彼は、週末を通して使用出来る新シャシーが1つしかないのにもかかわらず、それをレースでも使用する予定であることを認めた。

「今日はかなり満足している。晴れた良いコンディションで、フリー走行を2セッション行えた。ここアッセンでは、決して簡単なことじゃない」とロッシは語った。

「新しいシャシーでさらに作業を進めることができた。バルセロナで持った良い感触を、ここでも確認できた。僕はもっと競争力を発揮出来る」

 新シャシーにかなり満足している様子のロッシ。だが、セッティングはまだまだ詰めていかなければならないようだ。

「確かに、まだやることは沢山ある。バイクのバランスが100%じゃないんだ。いくらかチャタリングもあるし、特に高速コーナーで満足できていない」

「だけど、今日の午後(FP2)は6番手で終えられた。それはとても重要だ。明日は雨の予報があるので、予選Q2にいけるだろうからね。今日の午後はトップ10に留まることが重要だった」

「レースペースでも僕はそれほど悪くないけど、表彰台をかけて戦うほどではないので、改善する必要がある。だけど、金曜日としてはそんなに悪くないよ」

 ロッシに新シャシーをレースで使用する予定かと聞くと「ああ。残念ながら僕たちはそれを1つしか持っていない。だから僕たちはそれを2台のバイクの間で管理しなければならないけど、僕は新しいモノを好んでいる」

 2016年型のヤマハバイクを使用しているヤマハのサテライトチーム、テック3のジョナス・フォルガーは、ビニャーレスから0.362秒遅れの2番手につけている。

 しかしロッシは、旧型を使用するという考えが頭をよぎったことを認めつつも、今後に向けて2017年型のバイクを改善していくことが重要だと強調した。

 2016年型を再び使用する可能性があるかと問われたロッシは「トライしてみたことはある。だけど、ヤマハとそれ(旧型バイク)を管理するのはとても難し買った。難しくなってしまったんだ」と答えた。

「とにかく、17年型のバイクにも良いところはある。僕たちはこのシャシーを改善し、前進してく必要がある」

Jamie Klein