ここから本文です

<高校サッカー>浦和西、30年ぶり全国へ 昌平は2年連続/県総体

6/24(土) 22:42配信

埼玉新聞

 サッカーの県高校総体は24日、埼玉スタジアム第3グラウンドで準決勝の2試合が行われ、浦和西と昌平が決勝に進出し、浦和西が30年ぶり2度目、昌平は2年連続2度目の全国高校総体(7月29日~8月4日・宮城)の切符を手にした。

 27年ぶりの準決勝に進んだ浦和西は、後半に奪った1点を守り切り西武台を下した。後半4分にペナルティーエリア内でボールを受けた高橋がDFをかわした後に倒されてPKを獲得し、自身で決めて待望の先制点。同25、27、30分に立て続けに危機を迎えたが、GK斉藤が好セーブを連発するなど、両サイドからのクロスボールを軸にした西武台の攻撃をはね返し続けた。

 前年優勝の昌平は浦和学院に6―0で大勝。前半25分にペナルティーエリア内での細かいパス交換から古川が左足で突き刺すと、同38分に渋屋、同ロスタイムに高見がミドルシュートで追加点を挙げた。後半は15分に佐相が堀江のクロスを押し込み、同19分は古川がロングシュートで自身2得点目、同36分には森田が塩野の右クロスを頭で合わせて6点目を奪った。

 決勝は25日、NACK5スタジアム大宮(14時)で行われ、連覇を狙う昌平と初優勝が懸かる浦和西が激突する。

最終更新:6/24(土) 22:42
埼玉新聞

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1