ここから本文です

フェデラー 9度目Vに王手、21歳カチャノフ下し11度目の決勝へ<男子テニス>

6/24(土) 21:44配信

tennis365.net

ゲリー・ウェバー・オープン

男子テニスのゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハレ、芝、ATP500)は24日、シングルス準決勝が行われ、第1シードのR・フェデラー(スイス)が21歳で世界ランク38位のK・カチャノフ(ロシア)を6-4, 7-6 (7-5)のストレートで下し、2年ぶり9度目の優勝に王手をかけた。

【フェデラー 引退について語る】

第1セット、互いにブレークし合う立ち上がりとなったが、テンポの早い攻めを展開したフェデラーが試合の主導権を握ってこのセットを先取。

第2セットも両者譲らぬストローク戦となるも、フェデラーが第9ゲームで先にブレークに成功。直後の第10ゲームでブレークバックを許したが、タイブレークをものにして決勝進出を決めた。

決勝では、第4シードのA・ズベレフ(ドイツ)と世界ランク30位のR・ガスケ(フランス)の勝者と対戦する。

35歳のフェデラーは今大会、1回戦でラッキールーザーで出場の杉田祐一、2回戦で世界ランク29位のM・ズベレフ(ドイツ)、準々決勝では昨年覇者のF・マイヤー(ドイツ)に勝利し、1セットも落とすことなく準決勝に駒を進めていた。

ゲリー・ウェバー・オープンでは、今回を含めて11度決勝に進出しており、歴代最多の8度の優勝を誇る。2003年から2006年に4連覇、2013年から2015年にかけては3連覇を達成した。

今季は全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、 グランドスラム)を皮切りに3大会で優勝を飾るなど絶好調をキープ。その後は、休養と調整のため、全てのクレー大会をスキップして芝シーズンに臨んでいたが、芝初戦のメルセデス・カップ(ドイツ/シュツットガルト、芝、ATP250)では、1回戦で盟友のT・ハース(ドイツ)に敗れていた。

一方、敗れたカチャノフは、ツアー初優勝を飾った昨年の成都オープン(中国/成都、ハード、ATP250)以来2度目のツアー決勝進出とはならなかった。

tennis365.net

最終更新:6/24(土) 22:39
tennis365.net