ここから本文です

大川藍 話題の「おとなまき」を体験し「えっこんなに?!」

6/24(土) 11:00配信

AbemaTIMES

 ネットで「な、なんだこれ!」「怖すぎる」「不気味」と話題になっているストレス解消法がある。

 NPO法人美えな塾が主催している講習会では、一種のリラックス方法である「おとなまき」が体験できる。主催者の片山やよいさんは「赤ちゃんを布で巻く『おひなまき』からヒントを得て、大人もああいう姿勢をしてみたらどうなんだろ、ってところから『おとなまき』が始まった」と説明。助産師の渡部信子氏が考案した「おとなまき」について、片山さんは「初めて見たときは『え~!ちょっとそれはいいかな』って感じだったが、やってみたらすごく気持ち良かったので」と話す。

 一見、窮屈そうな姿勢にもかかわらずリラックスできるのは、身体の構造に秘密がある。

 あん摩マッサージ指圧師の松尾織絵先生は、「丸くなった姿勢というのは、人の骨格にとって一番リラックスできるニュートラルポジションじゃないかなと思います。(患者さんに)横向きに寝ていただいて腰をほぐす際に、(身体が)かたくて、まっすぐに寝ちゃう方、結構多いんです。まっすぐに寝てる方の背中ってかたくてもみほぐすことができない。背中を少し丸くした状態のほうが、身体の緊張がとれたポジションなんだと思います」と説明した。

 6月21日放送の若者向け総合情報番組「原宿アベニュー」では、水曜日キャスターの大川藍が実際に「おとなまき」を体験した。

 思った以上に丸まるようで、「こんな状態?えっこんなに?!」とはじめは驚いていた大川だが、おとなまきが出来上がると「これ、いいかもしれないです。想像以上に力が抜けて気持ちいいです」、最終的には「きもちいい!持ち上げられたとき腰が伸びる感じがした」と大絶賛。水曜コメンテーターのFUJIWARA・藤本敏史も「めっちゃ小さなった!人間こんなに小さくなるんやな。持ち運び便利」と驚いた様子だった。(AbemaTV/『原宿アベニュー』より)

最終更新:6/24(土) 11:00
AbemaTIMES