ここから本文です

宮里藍、1日目は88位タイで発進/ウォルマートNWアーカンソーチャンピオンシップ

6/24(土) 11:46配信

AbemaTIMES

 今季限りでの引退を表明している女子ゴルフの宮里藍(32)が6月23日、アメリカ女子ツアー・ウォルマートNWアーカンソーチャンピオンシップの1日目に出場し、3バーディ、4ボギーの「72」でスタートを切った。

 1オーバーは首位に9打差の88位タイ。宮里は今季限りでの引退表明をしており、アメリカ女子ツアーでのプレーは表明後初。

 ラウンド後のインタビューは以下のとおり。

―上がり2ホール、素晴らしいフィニッシュでした。

 なかなか苦しい展開でしたが、なんとか明日につながったんじゃないかと思います。

―今日は晴れ、曇り、風、雨ところころ天気が変わりました。

 スタート前はそこまで悪くなかったんですけど、1番ホールでティーショット打った後にいきなり天気が悪くなったので「おわっ、なんじゃこりゃ」って感じではあったんですけど。しばらく日本でプレーしていた時間が長かったので、まだちょっとコースの感触がいまひとつつかめていない。特にグリーンの読みとかタッチが、自分が思っているような感じが出てないので、それはまだちょっと調整が必要かなと思います。

―中断後のリズムは。

 思っていたよりも短かったというか、そんなに長くならなくてすごく助かった。30分ぐらいしか待たなかったので、ラッキーだったと思います。

―リディアと仁妃とのプレーはどうでしたか。

 すごい楽しかったです。2人ともあまり思っているようなゴルフができていない中で、なかなかスコアを落とさないので、そのへんはさすがです。みんなのんびりしている感じが共通してあるので、すごくいい雰囲気で回れたと思います。

―明日はどんなラウンドに。

 早くグリーンの感触を掴みたいなと思っています。自分が思っているより調整に時間がかかっているなという感じなので、そのへんはしょうがない。最後の上がりでパッティングはいい感じになったと思うので、明日も頑張ります。

最終更新:6/24(土) 12:14
AbemaTIMES