ここから本文です

遠隔操縦重機を投入 日南国道土砂崩れ

6/24(土) 13:24配信

宮崎日日新聞

 日南市宮浦の国道220号大規模土砂崩れの復旧作業で、国土交通省宮崎河川国道事務所は23日、運転手を乗せない遠隔操縦式の油圧ショベル2台を現場に投入した。二次災害の懸念が減り、24時間態勢で作業を進めた。ただ、同事務所は「復旧の見通しはまだ立たない」としている。

宮崎日日新聞

最終更新:6/24(土) 13:24
宮崎日日新聞