ここから本文です

引きこもりから自立を 就労支援センター開設

6/24(土) 16:01配信

カナロコ by 神奈川新聞

 引きこもり状態にある人の就労を支援する「就労準備支援センター ねくすと」が23日、横須賀市小川町にオープンした。運営は市がNPO法人「こどもの夢サポートセンター」に委託。利用者を地元の就労体験事業者につなぎ、引きこもりの自立をサポートする。

 市は2013年度から16年度まで、引きこもりの就労体験を受け入れる事業者を開拓。これまで体験者は生活保護受給者に限定していたが、同センターでは受給者以外にも拡大。働く意思がある人が対象で、年齢は問わない。

 就労体験ができるのは農家、介護施設、飲食店など16カ所で、面談で事業所を決める。利用者のペースに合わせて活動し、体験開始後もスタッフが巡回訪問や就労意向などを確認する。

 この日の開所式で、センター長の田渕勝廣さん(75)は「引きこもりの問題は根が深いが、みなさまの支援をもらいながらセンターを発展させていきたい」と話した。

 センター利用など問い合わせは、市生活福祉課電話046(822)8070。