ここから本文です

女優・山村紅葉、「マルサの女」の過去を告白

6/24(土) 6:00配信

Lmaga.jp

ナインティナインの岡村隆史とロンドンブーツ1号2号の田村亮が司会をつとめるトークバラエティ『おかべろ』(カンテレ)。その6月24日の放送回に、女優の山村紅葉がゲストで登場した。

紅葉の母親といえば、有名なミステリー作家の故・山村美紗。お金の話が大好きな岡村は、相当な額を稼いでいると予想すると、紅葉は「1作品の原作料の値段が自身のドラマ出演のギャラの『うん倍』!」とぶっちゃける。

これまで、500本のドラマに出演してきた紅葉。同時に7本のドラマを掛け持ちしていたこともあったそうで、「あっちの崖から、こっちの崖へ」と忙しかった過去をふり返った。そんな売れっ子女優の紅葉、かつて「国税局で『マルサの女』をしていた」んだとか。大学卒業後、大阪国税局に勤務していた紅葉の過去を知り、岡村と亮は「どんな仕事なんですか?」と食いついていく。この模様は、6月24日・14時24分から放送される(関西ローカル)。

最終更新:6/24(土) 6:00
Lmaga.jp