ここから本文です

大統領府、「THAAD合意の変更」めぐる波紋の鎮火に乗り出す

6/24(土) 16:27配信

ハンギョレ新聞

「文大統領の発言は、手続き的透明性に焦点合わせたもの」 「当初計画が1+5なのか2+4なのかは重要ではない」 THAAD最初合意の時期・内容は相変わらずベールの中

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領が22日のロイター通信とのインタビューで、THAAD(高高度防衛ミサイル)配備に関する「合意の変更」に言及したことで波紋が広がっている中、大統領府が23日、急いで“鎮火”に乗り出した。「当初(韓米間の)合意は、2017年まではTHAAD発射台1基だけを実戦配置し、残りの5基は2018年に配置することになっていた」という文大統領のインタビューでの発言が、今月末の首脳会談を控え、韓米両国で予想できなかった波紋を広げたことを受け、「大統領発言の核心は、発射台の数が変わったことではなく、配備の手続きが繰り上げられたということ」だと釈明したのだ。

 大統領府高官は同日、文大統領の発言の意味を問う記者たちに「ロイター通信の記者が『THAAD配備の延期』を既成事実化し質問したことに対し、文大統領が(環境アセスメントの実施は)手続き的透明性と正当性を確保する過程であり、この過程を踏んでいれば、(配備が)もっと早くなる可能性もあったという点を説明する過程で出たもの」だとし、「本来の計画が『1+5』(発射台1基をまず配備してから、5基を追加で配備)なのか、それとも『2+4』なのかは、本質的に重要ではない」話した。しかし、大統領府の釈明にもかかわらず、疑問は依然として残る。

■「当初の合意」を公開した理由とは

 最初の疑問点はこれまで知られていなかった当初の合意内容を、韓米首脳会談を控えた時点で、なぜ公開したのかである。大統領府側は同日、文大統領がこの事実を認知したきっかけが先月末の「発射台4基追加搬入の報告漏れ」に対する国防部の調査だったという事実だけを明らかにした。今月5日、ユン・ヨンチャン大統領府国民疎通秘書官が国防部のTHAAD報告漏れに関する調査結果をブリーフィングした当時、当初の合意が「1+5」だったという点を知っていたということだ。当時、ユン首席は「(配備の日程を変更した理由について)情況から推測できることはあるが、全てを明らかにすることはできない」と述べた。大統領府の同日の釈明通りなら、大統領は今月初めから、当初の合意が変更され、配備の手続きが繰り上げられたことを知っていたが、インタビューの途中、環境アセスメント(影響評価)の実施がTHAADの配備を先送りするためではないことを説明する過程で、記者の“理解”を助けるために明らかにしたということだ。

■「当初の合意」の時期はいつか

 文大統領が言った「1+5の合意」がいつ行われたのかについて、大統領府は依然として口を閉ざしている。大統領府関係者は同日、「当初合意した時期など詳しい内容について確認できる立場にない」としながら、「(この問題は)国防部が調査して明らかにすべき内容」とだけ話した。ただし、文大統領の発言の脈絡とこれまでの韓米の発表を考慮すれば、当初合意した時期は昨年7月8日以前と推定される。韓米両国の国防部が「THAAD体系を2017年末までに配備することで合意した」と発表したのが、去年の7月8日だ。THAAD配備の敷地が慶尚北道星州(ソンジュ)だと発表した7月13日には、THAADシステムの規模を「1砲台」と明らかにした。THAAD1砲台は、発射台6基で構成される。

■「弾劾以降加速化した」という発言の意味とは

 問題は、当初の合意が行われたと推定される「昨年7月以前」という時期が、文大統領のその後のインタビュー発言に反するという点だ。文大統領は「1+5」という当初の合意内容に言及した直後、「いかなる理由からかは分からないが、前回の弾劾局面に入ってから、このような手続きが加速化した」と述べた。合意内容が変わった時期が「弾劾局面」が本格化した昨年11月以降という意味だ。もちろん、文大統領がインタビュー過程で異なる事案を入り交ぜて話した可能性もある。THAAD交渉初期に“暫定”合意が行われた「1+5プロセス」が最終合意の段階で「2017年末まで1つの砲台を配備」に変わったという事実と、昨年末の弾劾局面を経て、「2017年末」という配備完了の時期も、「いかなる理由からか分からない」何かによって繰り上げられたということを一緒に言及する過程で、“事実が入り混じった”可能性もあるということだ。文大統領はインタビューで、THAAD配備の合意内容が何度も変わったという事実と、「2017年中に配備」という昨年7月の公式合意も国会の大統領弾劾案可決直後「9月に配備」に繰り上げられており、早期の大統領選挙の局面に入った3月初めに発射台2基を奇襲搬入したのに続いて、大統領選直前の4月末、星州に電撃的に配備される過程全般が、不透明に行われてきたという事実を指摘しようとしたものと見られている。

(お問い合わせ japan@hani.co.kr)

最終更新:6/24(土) 16:27
ハンギョレ新聞