ここから本文です

『パワーレンジャー』、宇宙人に冷静なツッコミ!? 等身大な高校生たちの新映像公開

6/24(土) 13:00配信

クランクイン!

 “メイド・イン・ジャパン”のヒーローを総製作費120億円の圧倒的スケールで描く、日米ハイブリッド超大作『パワーレンジャー』から、未公開シーンを含む30秒のスポット映像が解禁。ヒーローとなる高校生たちが見せる、等身大な姿が明らかになった。

【関連】『パワーレンジャー』場面写真フォトギャラリー


 解禁となった映像は、主人公・ジェイソンたちの高校生らしい心情にスポットを当てたもの。偶然見つけた5つのコインに導かれるように秘密基地に迷い込み、「君たちがパワーレンジャーだ」とゾードンに告げられた5人。しかし、事態を呑み込めない彼らはまったく訳が分からずに、キンバリーからは「どうして壁がしゃべってるの?」と素朴な質問が飛び出す。

 歴代のスーパー戦隊シリーズを見慣れている人には、彼らが変身することも、地球を守ることも当然に思えるが、本作では超人的な力を得ただけではヒーローになることはできない。高校生らしい葛藤や悩み、仲間との衝突など、現代の高校生がリアルにぶつかる壁を乗り越えて、彼らはそれぞれの“色”に変身するのだ。ピンクレンジャー(キンバリー)役のナオミ・スコットは「スーパーヒーローになるために私たちがどうやって協力していくかという物語になってるの。5人の高校生がそれぞれの壁を越えていくストーリーは、最終的に楽しさと驚きと、パワーレンジャーの伝統的要素を与えてくれると思うわ」と物語の魅力を語る。

 また、レッドレンジャー(ジェイソン)役のデイカー・モンゴメリーも「この映画は、多くの人が共感できるストーリー。偶然出会った5人が信頼関係を構築していく中で生じるたくさんの困難を、観るだけではなく体感することができると思う。多くの人、特に同世代のティーンエイジャーたちが映画やTVで見たかったものが詰まっている、今までにはない超大作だ。かなりアツくて期待できるよ!」と自信を伺わせる。ド派手なアクションだけでなく、等身大の高校生たちが見せる精神的な成長にも注目したい。

 映画『パワーレンジャー』は7月15日より全国公開。

最終更新:6/24(土) 13:00
クランクイン!