ここから本文です

安倍首相発言に反発 翁長知事「沖縄県民はやるせない」

6/24(土) 6:00配信

沖縄タイムス

 安倍晋三首相が23日の沖縄全戦没者追悼式に出席後、記者団に辺野古移設について「(昨年3月の)和解に従って誠実に対応する」と述べたことに対し、翁長雄志知事は同日、「解釈が全然違う」と強く反発した。安倍首相らを見送り後、那覇空港で記者団の取材に答えた。

 翁長知事は、昨年3月の辺野古訴訟の和解にある「判決に従う」とは、今回県議会に議案として提案した工事差し止め訴訟ではなく、最高裁で県敗訴が確定した違法確認訴訟に適用されるとの認識を示し、「もう負けたんだからお前たち何も言うな、というものでは全くない」と批判した。

 追悼式での平和宣言で、米軍オスプレイの墜落や地元無視の訓練強行などに言及したことには「住民の平穏な暮らしと安心安全があっての平和だ。これが確保されない中で、日本全体の安全保障が守られているのでは、沖縄県民はやるせない」と述べ、政府が強調する基地負担軽減とは逆行している現状を強調した。

 嘉手納基地の旧海軍駐機場の継続使用問題にも触れたことにも、「住民生活への配慮で移したのに、毎日飛来してくるものを(政府側に)負担軽減が進んでいると言われたら、(実態を)言わなければならない」と語気を強めた。

 日米特別行動委員会の合意を無視した嘉手納基地でのパラシュート降下訓練などを理由に、嘉手納町長らが同基地司令官の交代式に不参加の意向を示していることにも「どれだけの怒りを持っているかが分かる」と指摘した。

最終更新:6/24(土) 6:00
沖縄タイムス

Yahoo!ニュースからのお知らせ