ここから本文です

若松氏、巨人・陽岱鋼の守備に喝!

6/24(土) 21:15配信

ベースボールキング

● 巨人 2 - 8 中日 ○
<11回戦 東京ドーム>

 日本ハム時代に4度ゴールデングラブ賞を受賞した名手・陽岱鋼(巨人)が、守備で“らしくない”プレーが目立った。

 3回二死一塁から中日・京田陽太が放った打球を、センターの陽岱鋼がノーバウンドキャッチを試みるも届かず。一塁走者の生還を許し、打った京田も三塁へ進めてしまった。

 同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-中日戦』で解説を務めた若松勉氏は、「無理することはなかった。二死ですからしっかりとワンバウンドで捕ってもよかったかなと思います。守備が上手い人に限って雑なところもあるんですけどね」とコメント。

 陽岱鋼は、4回無死一塁でゲレーロの打球を失策。打球がライト方向に転々とする間に、一塁走者・大島の三塁進塁を許した。続く、森野将彦の併殺崩れの間に三塁走者・大島の生還を許し、またも陽岱鋼のミスが失点に繋がってしまった。

 さらに、陽岱鋼は9回一死一塁から大島洋平が放った打球を処理するも、中継の遊撃・坂本勇人へ悪送球。このプレーに若松氏は「捕ってからの投げ方が外野手じゃないですよ。普通は左に乗せて投げますよね、右の足に乗せて投げている。内野手と同じような感じで投げている。あれでは、強いボールを投げられない」と語気を強め、「今までこんなプレーしたことがないですけどね」と話した。

 陽岱鋼はレギュラーに定着した11年以降シーズン最多失策数は、12年の3失策がワースト。守備の名手・陽岱鋼の1試合2失策は、プロ入り後初だった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

BASEBALL KING