ここから本文です

ホンダF1、“スペック3”エンジンをアロンソ車でテスト。最高速向上を確認も、本格投入はせず

6/24(土) 15:41配信

オートスポーツweb

 F1アゼルバイジャンGP金曜、ホンダがフェルナンド・アロンソのマクラーレンでアップグレード版のエンジン、“スペック3”をテストしたと報じられている。

2017年第8戦アゼルバイジャンGP金曜 フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)がFP2でストップ

 英AUTOSPORTは、金曜走行前の時点ではホンダはバクーにおけるプランについて多くを語ろうとしなかったが、2回のセッションでアロンソのマシンにアップデートしたICE(エンジン)を搭載したと伝えている。

 ホンダがこの数週間取り組んできたアップグレードパーツすべてが採用されたわけではないが、この日の走行から、ホンダのエンジニアたちは心強い結果を得ることができたようだ。

 アロンソはギヤボックストラブルにより、FP2を途中で切り上げる結果になり、それ以前の走行もイエローフラッグの影響を受けて完全にクリーンな走行はできなかったものの、直線スピードのデータにはポジティブな兆候が見られている。

 FP2でアロンソとチームメイトのストフェル・バンドーンは、似たようなダウンフォースレベルで走っていたが、メインスピードトラップでの速度は、新エンジンを積んだアロンソは203mph、従来の“スペック2”を積んだバンドーンは195mphだった。

 しかし最速はフォース・インディア・メルセデスのエステバン・オコンが記録した220mphであり、これと比べるとまだまだ差は大きい。

“スペック3”には明らかにアドバンテージがあるようだが、アロンソは土曜から以前のバージョンのエンジンに戻す予定だといわれている。
 
 アロンソは今回、MGU-Hとターボチャージャーを交換し、すでに15グリッド降格が決まっている。そのため、バンドーンとともに最後列からのスタートになる見込みであり、チームとしては、後方を走ることになりそうなレースで新しいユニットを投入してマイレージを消費するようなことは避けたいとの判断のようだ。

 ホンダは、初期走行を終えた新しいエンジンを、次回搭載するまでに、信頼性のトラブルの兆候などについてチェックすることができる。この“スペック3”は次戦オーストリアGPで再び投入されるものと考えられている。   

[オートスポーツweb ]