ここから本文です

リカルド「ミスが許されないコースで成功すると達成感が大きい!」レッドブル F1アゼルバイジャン金曜

6/24(土) 14:26配信

オートスポーツweb

 2017年F1アゼルバイジャンGPの金曜、レッドブル・レーシングのダニエル・リカルドはフリー走行1=2位/2=3位だった。

2017年F1第8戦アゼルバイジャンGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)がクラッシュ

■レッドブル・レーシング
ダニエル・リカルド フリー走行1=2位/2=3位
 僕にとってもマックス(・フェルスタッペン)にとってもいい一日だった。僕らが共に両セッションでトップ3に入れたんだから最高だ。午前中は2番手タイムを出したけれど、自分のセッションに完全に満足していたわけではなく、自分自身とマシンの両方に改善できる余地がまだ残っていることは分かっていた。

 午後に入って改善できたと信じているし、今日の最終的なポジションにはかなり満足している。午後の方がはるかに楽しかったね。グリップが出てきて、マシンをプッシュし始めることができた。

 ミスが許される余地はあまりなく、そういった点ですごくリスクが高いサーキットだが、だからこそ本当に挑戦しがいがあるし、達成感もある。いいラップを走れたら、フィニッシュラインを通過するときには笑顔になれるんだ。

 いつもどおり、金曜日にお祝いするべきではないが、僕らは戦える位置にいるので、明日も上位に残れたらいいね。

 メルセデスやフェラーリとはかなり近いし、フォース・インディアとウイリアムズもさほど離れていない。明日はかなり接戦になりそうだ。楽しみだよ。  

[オートスポーツweb ]