ここから本文です

西日本大会出場で市長訪問 学童野球の田辺第二

6/24(土) 16:46配信

紀伊民報

 7月28日~8月2日に福岡県久留米市である「筑後川旗第34回西日本学童軟式野球大会」に和歌山県代表で出場する田辺第二クラブ(田辺市田辺第二小学校)の6年生5人が23日、田辺市役所を訪れ、真砂充敏市長に出場を報告した。

 田辺第二クラブは、このほどあった田辺・西牟婁の代表決定戦(22チーム参加)で優勝し、西日本大会の出場権を得た。同大会は91チームが参加し、トーナメントで優勝を争う。

 市長室を訪れた同クラブの6年生は、真砂市長に「仲間を信じ、県代表として全力でプレーします」などと抱負を話した。真砂市長は「皆で力を合わせて頑張って」と激励した。

最終更新:6/24(土) 16:46
紀伊民報