ここから本文です

デルマキセキがゴール前の大接戦を制す/函館新馬

6/25(日) 12:24配信

netkeiba.com

 25日、函館競馬場5Rで行われた新馬戦(2歳・芝1200m・9頭)は、好位でレースを進めた藤岡康太騎手騎乗の1番人気デルマキセキ(牝2、栗東・友道康夫厩舎)が、直線で脚を伸ばして、ゴール前4頭が並ぶ接戦を制し優勝した。勝ちタイムは1分10秒4(良)。

 2着はハナ差で6番人気タイセイアベニール(牡2、栗東・西村真幸厩舎)、3着はさらにハナ差で5番人気ティーカラット(牡2、栗東・池添兼雄厩舎)となった。なお、3番人気ラスエモーショネス(牝2、栗東・高橋義忠厩舎)はハナ差の4着、2番人気ビコーズオブユー(牡2、栗東・中竹和也厩舎)は8着に終わった。

 勝ったデルマキセキは、父Scat Daddy、母Tashawak、その父Night Shiftという血統の米国産馬。

【勝ち馬プロフィール】
◆デルマキセキ(牝2)
騎手:藤岡康太
厩舎:栗東・友道康夫
父:Scat Daddy
母:Tashawak
母父:Night Shift
馬主:浅沼廣幸
生産者:FreddieBloodstock

最終更新:6/25(日) 12:24
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ