ここから本文です

世界初!全編が動く油絵!巨匠ゴッホの死の謎に迫るアートサスペンス映画10月日本公開

6/25(日) 5:42配信

シネマトゥデイ

 印象派の巨匠ゴッホの死の謎に迫る、世界で初めて全編が動く油絵で構成されたアートサスペンス映画『Loving Vincent』の邦題が『ゴッホ~最期の手紙~』に決まり、10月より日本公開される。世界最大のアニメーション映画祭、仏アヌシー国際アニメーション映画祭2017でお披露目されるや10分以上もスタンディングオベーションが続き、観客賞を受賞した話題作だ。

【画像】『ホビット』のイケメン・ドワーフ、エイダン・ターナーも出演

 物語は、郵便配達人ジョゼフ・ルーランの息子アルマンが、パリへ届ける一通の手紙を託されるところからスタート。それは父の友人で自殺した画家ゴッホが、彼の弟テオに宛てたものだった。テオの消息を追う内にその死を知るが、それと同時に募る疑問が一つ。ゴッホの死の本当の原因は何だったのか? そしてこの手紙を本当に受け取るべき人間はどこに……? 

 まずは実際の俳優が演じる実写映像として撮影し、それを世界各国から集められた総勢125名の絵描きが各俳優の特徴を残しつつも、ゴッホの絵画に登場する人物の風貌や雰囲気を伝える肖像として油絵で再現。そうして完成した約6万5,000枚の油絵をデジタルスチルカメラCanon6Dで6Kの高解像度写真として記録し、1秒が12枚の油絵で構成された本編が出来上がった。

 キャストには、『高慢と偏見とゾンビ』のダグラス・ブース、『ハリー・ポッター』シリーズのナルシッサ・マルフォイ役で知られるヘレン・マックロリー、『ブルックリン』のシアーシャ・ローナン、『ホビット』シリーズのエイダン・ターナーとイギリス&アイルランド人俳優が集結。彼らはゴッホの絵画に似せて特別に作られたセットで、あるいは撮影後にCGアニメーションでゴッホの絵と合成するためにグリーンバックで演技をした。

 また、製作のブレイクスルー・フィルムズは本プロジェクトのため、実写撮影したフィルムを参考フィルムとして投影し、それをベースに油絵を描くためのPAWS(ペインティング・アニメーション・ワーク・ステーションズ)と呼ばれる設備を実に2年の歳月をかけて設計するなど、気合の入りようがハンパではない。監督・脚本を務めたのはドロタ・コビエラ&ヒュー・ウェルチマン。音楽は『ブラック・スワン』のクリント・マンセルが担当した。(編集部・市川遥)

映画『ゴッホ~最期の手紙~』は10月よりTOHOシネマズ六本木ほか全国順次公開

最終更新:6/25(日) 5:42
シネマトゥデイ