ここから本文です

小林麻耶 麻央さん死去翌日、FM番組に自らの希望で出演

6/25(日) 5:59配信

デイリースポーツ

 フリーアナウンサーの小林麻央さん(享年34)が22日に死去したことが23日に公表されてから一夜明けた24日、姉・小林麻耶(37)が23日に都内でJFN系ラジオ番組「LOVE in Action」(7月3日放送予定)の収録を行っていたことが明らかになった。

【写真】「愛しています」幸せいっぱいだったころの麻央さん…家族4人で笑顔の記念写真

 輸血によって妹の闘病が支えられたことへの感謝を伝えるために、麻耶は自らの希望でラジオブースに入った。

 同番組は昨年に麻耶が休養に入るまで出演していたレギュラー番組。先だって7月から番組に復帰することを発表しており、23日に復帰収録を予定していたが、22日夜に麻央さんが亡くなり、関係者によると番組スタッフも所属事務所も、収録参加は難しいと判断していたという。

 しかし、麻耶は麻央さんが闘病中の4月に輸血を受けたことで、病に立ち向かい続けることができたことを説明し、家族を代表して、献血者に感謝の言葉を伝えることを希望し、予定通り番組に出演したという。

 麻央さんの闘病中、麻耶は自身も体調が思わしくない状態が続いたが、懸命に妹を看病し、その様子をブログにつづってきた。

 麻央さんの他界後、麻耶のブログには、続々とコメントが投稿され、24日夜には7000件を超えた。麻央さんが亡くなったことをともに悲しむ声や、麻耶の体調を案じる声とともに「早く麻耶ちゃんの元気な笑顔をみせてください」と励ます声が相次いでいる。