ここから本文です

マクラーレン・ホンダ、合計75グリッド降格/F1アゼルバイジャンGP

6/25(日) 14:06配信

TopNews

FIA(国際自動車連盟)は、F1アゼルバイジャンGPの暫定スターティンググリッドを発表した。

●【マクラーレン・ホンダ】アロンソ、移籍を明確に「F1最後の年は勝てる“安全な”チームへ」

ペナルティを科せられたのは、カルロス・サインツ(トロロッソ)、フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)、ストフェル・バンドーン(マクラーレン・ホンダ)の3名だ。

■カルロス・サインツ(トロロッソ)

カルロス・サインツは前戦の事故の原因を作ったとして3グリッド降格となった。暫定スターティンググリッドでは、15番グリッドとなっている。

■フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)

フェルナンド・アロンソは最新のホンダ・パワーユニット「スペック3」で挑んだことで15グリッド降格が決まっていたが、フリー走行2回目でのギアボックス破損によりPUにもダメージを受けたため交換。さらに追加で25グリッド降格となり、合計40グリッド降格ペナルティとなった。

暫定スターティンググリッドでは、19番グリッドとなっている。

■ストフェル・バンドーン(マクラーレン・ホンダ)

ストフェル・バンドーンもパワーユニット交換をしたため30グリッド降格、さらにギアボックス交換をしたため5グリッド降格、合計で35グリッド降格となった。

暫定スターティンググリッドでは、18番グリッドとなっている。

■ジョリオン・パーマー(ルノー)はレース出場許可

ジョリオン・パーマーはフリー走行3回目でクルマから火が出てしまったため、予選はノータイムだった。しかし、フリー走行で十分な速さを示していたため、最後尾からレース出場を認められている。

最終更新:6/25(日) 14:06
TopNews