ここから本文です

「ロボコップ」から新作「エル」まで 鬼才バーホーベンが創作の裏側を語る

6/25(日) 17:30配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 「フランス映画祭2017」の企画の一環で、ポール・バーホーベン監督が創作の裏側を語り尽くすマスタークラスが6月24日、渋谷の映画美学校で行われた。

【フォトギャラリー】この日のイベントの模様はこちら!

 オランダ出身のバーホーベン監督は、オランダでテレビ・映画作品を手掛けた後に、1980年代以降はアメリカに進出。ピーター・ウェラー主演の「ロボコップ」やアーノルド・シュワルツェネッガー主演の「トータル・リコール」、シャロン・ストーン主演の「氷の微笑」などで話題を集めた鬼才。近年はヨーロッパに戻り、「ブラックブック」「エル ELLE」といった作品を発表。過剰なまでのエロ・グロ・バイオレンス、そして皮肉に満ちた社会風刺描写などで、作品を発表するごとに常に話題を集めている。

 バーホーベン監督には熱狂的なファンが多く、この日のチケットは即完売。会場は映画製作を志す者たちの熱気に満ちあふれていた。「リング」の脚本家としても知られる高橋洋監督が聞き手を務め、まずは「過剰でありながらエンタテインメント性あふれる描写はなぜできるのか?」という質問からトークはスタートした。

 それに対して「『ロボコップ』はアメリカに対する知識の欠如から生まれた映画なんだ」と説明するバーホーベン監督は、「具体的にどことは言えないんだが、オランダから来た僕の、異世界に対する驚嘆、面白いという気持ちが出たんじゃないか。アプローチが軽やかで、ヘビーすぎないのがうまく出た。予算は1300万ドルとそれほど高くなかったから、スタジオも気楽に作らせてくれた。とても良い偶然が重なって、それがうまくいった作品だ」と解説する。

 そして「スターシップ・トゥルーパーズ」についても「あの映画の政治的で皮肉な側面は意識して付け加えたものだ。ロバート・A・ハインラインの原作はファシスト的な要素が強くて。僕はその思想には同意していなかったんだけど、僕らは映画をアメリカへの批判として、アメリカで起こりうるファシズムの可能性を描いたんだ」とコメントすると、「でもそれが実際に現代のアメリカを見ればね……」と付け加え、ニヤリ。「とにかく『スターシップ・トゥルーパーズ』というのは偶然の産物のような映画でね。ちょうどあの時期は製作会社のトライスターのトップが6カ月ごとに何人も代わっている時期だった。通常のメジャー作品なら内容をチェックされるところなんだが、誰もこの映画を監視しなかったんで、会社に気付かれないうちに完成したというわけ。こんな映画を今、作るのは不可能だろうね。まあ、このままトランプ政権が続くようなら、メジャーの考え方も変わるかもしれないけどね」と笑いつつも、「良きにせよあしきにせよ、人生は計画通りにいかないものだが、この2作品はラッキーだった」と振り返った。

 さらに「ロボコップ」のスピーディーなカット割りについて「意識してそういうカット割りにしているのか?」という質問も飛び出したが、それには「僕は編集はやらないんだ。腕のいい編集マンに任せているからね」と笑顔。「最初は女性の編集者に頼んだんだけど、急に彼女が仕事ができなくなり。急きょスケジュールが空いている人(フランク・J・ユリオステ)にお願いしたんだ。それが最高の仕事をしてくれた。自分で撮影した素材は全部編集マンに渡した。そうしたら編集した映像は自分の想像以上の映像だった。よくぞこんないいシーンにしてくれたと感激したよ」。

 そこから「これは映画製作を志す皆さんにお伝えしておきたいことなんだが」と続けた監督は、「重要なのは腕のいいスタッフを信頼すること。それは編集マンに限らず、カメラマン、作曲家などにも通じることなんだが、才能がある人は細かくマネジメントするべきではない。監督の中には一緒に編集スタジオに座って、いちいちこれはいるとか、いらないとか言う人がいるけど、僕はそれはやらないね。だって才能あふれる人に自由を与えると彼らはよりクリエイティブになり、作品はさらにレベルアップするから。だから僕は素材を渡したらもう編集スタジオには入らない。大事なのは仲間を信頼することだ」と若きクリエーターたちにアドバイスを送った。

 さらに「絵コンテを描く?」という質問には「映画によるかな。特にSFの場合は、特殊効果に準備が必要となるんで、何か月も前から絵コンテを描いて準備をしないと間に合わない。でも撮影当日に新しいアイデアが思い浮かんでも、それをやり直すだけで莫大(ばくだい)なお金がかかってしまう。そのやり方にはイラッとするときもあるね」と返答する。「新作の『エル ELLE』では、撮影中の夕方に絵コンテを描いて、それを助監督に渡して翌日の撮影に備える。非常にゆるい撮り方だった。やはり『エル ELLE』や『ブラックブック』のような作品の方が撮っていて心地いいね」と明かした。

 そんな流れから「セックスシーンは絵コンテを用意しなくてはいけない。それは重要な要素なんだ」と力説。「そういったシーンで一番やってはいけないことは、現場で裸をどうやって見せようかといった会話をするようなことだ。60人から70人いるような現場で裸になる俳優は本当に居心地が悪くなるからね。裸になる役者に不快な思いをさせてはならない。乳首を映すなら、まずは絵コンテを描いて、明確な意図を話すべきだ」とバーホーベン監督らしいアドバイス。熱っぽいトークの時間は大幅にオーバーしたが、観客はその言葉に熱心に耳を傾けていた。

 「フランス映画祭2017」は6月25日まで開催。「エル ELLE」は8月25日公開。

最終更新:6/25(日) 17:30
映画.com