ここから本文です

ブラウブリッツ秋田が連勝で首位快走…2位富山も連勝で続く/J3リーグ第14節

6/25(日) 16:28配信

GOAL

明治安田生命J3リーグ第14節が6月25日、8試合行われた。ブラウブリッツ秋田がPKの1点を守って競り勝ち、首位固めに成功。2位で追うカターレ富山も連勝し、好調のアスルクラロ沼津は大勝で3位に浮上している。

ともに3連敗中のグルージャ盛岡と福島ユナイテッドFC。開始直後に1点ずつを取り合ったが、盛岡が1点を勝ち越して前半を終了。後半はFW谷村憲一の2ゴールなどで3点を追加。5-1の大差で盛岡が勝利を収めた。福島は4連敗。

藤枝MYFCは19分にFW遠藤敬佑が先制ゴール。対するセレッソ大阪U-23は反撃に出るも、攻撃の精度を欠いて決定機を作れなかった。1-0で藤枝の勝利。

秋田は0-0で迎えた76分にPKで先制。一方の相模原も猛攻を見せるが、GK小澤章人の好セーブなどで秋田がこれを跳ね返す。1-0で秋田が勝ち、J3最速の10勝目。

富山は52分、PKで先制に成功。さらに81分、MF椎名伸志のJ初ゴールで追加点を奪った。2-0で富山が勝ち、2位をキープ。

ギラヴァンツ北九州は5分、PKで早くも先制。しかし1点リードで迎えた終盤、81分と83分に続けざまに失点して逆転を許した。1-2でAC長野パルセイロに敗れ、今季ホーム戦初黒星。長野は3試合ぶりの勝利となった。

鹿児島ユナイテッドFCは39分、現在の得点王・FW藤本憲明の今季10得点目となるゴールで先制。Y.S.C.C.横浜も積極的に攻めたが、あと一歩のところでゴールを奪えず、1-0で鹿児島の勝利。

ガイナーレ鳥取はFW岩元颯オリビエのゴールで17分に先制するも、49分にPKで追いつかれる。さらに89分にはDF藤澤典隆の豪快なシュートで逆転を許し、1-2でFC琉球に敗れた。琉球はこれで7戦負けがなく、一方の鳥取は7戦勝ちがない。

沼津は3分に先制するも、17分に相手のロングフィードをGKが見誤り、ボールがそのままゴールへ転がり込む意外な形で同点に。しかしその後はDF松藤正伸のJデビュー弾などで突き放し、6-1でFC東京U-23に大勝した。

試合結果は以下の通り。

明治安田生命J3リーグ第14節

6月25日

グルージャ盛岡 5-1 福島ユナイテッドFC

藤枝MYFC 1-0 セレッソ大阪U-23

ブラウブリッツ秋田 1-0 SC相模原

カターレ富山 2-0 ガンバ大阪U-23

ギラヴァンツ北九州 1-2 AC長野パルセイロ

鹿児島ユナイテッドFC 1-0 Y.S.C.C.横浜

FC琉球 2-1 ガイナーレ鳥取

FC東京U-23 1-6 アスルクラロ沼津

GOAL

最終更新:6/25(日) 16:29
GOAL