ここから本文です

ポルトガルが4発快勝で首位通過 開催国ロシアは敗退/コンフェデ杯

6/25(日) 11:01配信

ISM

 2017年コンフェデレーションズカップは現地時間24日にグループAの2試合が行なわれ、ポルトガルがニュージーランドに4対0と大勝し、準決勝に進出。開催国ロシアはメキシコに1対2と屈し、グループリーグ敗退となった。

 勝てば無条件で突破が決まるポルトガルは、すでに敗退が決まっているニュージーランドを立ち上がりから攻め立てると、33分に獲得したPKをクリスティアーノ・ロナウドが豪快に蹴り込む。エースの代表通算75点目でポルトガルが先制する。

 リードを手にしたポルトガルはさらにその4分後、ベルナルド・シウヴァがクロスに合わせて追加点をゲット。試合終盤にはアンドレ・シウヴァとナニにも得点が生まれ、4得点を奪い快勝を収めた。

 先制点を決めたC・ロナウドは「チリであろうと、ドイツであろうと、どちらも偉大なチームで、難しい相手となる。でも、僕らには自信がある」と、準決勝へ気を引き締めている。

 快勝で突破を決めたポルトガルだが、この試合でB・シウヴァが負傷交代。さらにペペもイエローカードを貰い、準決勝は累積警告で出場停止となる。サントス監督は「もしそうなることが分かっていたら、彼を交代させていた」と、ペペの出場停止を嘆いている。

 ロシアは、メキシコに1対2と敗れた。

 逆転突破のために絶対に勝ちが欲しいロシアは、25分にサメドフのゴールで先制に成功する。しかしその5分後にアラウホに巧みなヘッドを決められると、52分にはGKアキンフェフがロングボールの目測を誤り、ロサーノに逆転弾を決められる。

 ロシアはその後反撃に出るも、68分にジルコフが2枚目のイエローカードで退場し、万事休す。開催国がクループリーグで姿を消した。

 この結果、ポルトガルが得失点差で首位に立ち、準決勝に進出。メキシコは2位での突破となった。(STATS-AP)

最終更新:6/25(日) 11:01
ISM