ここから本文です

福島千里、8連覇逃す「こういうことはいつかは来る」…市川華菜が初優勝

6/25(日) 7:04配信

スポーツ報知

◆陸上 日本選手権 第2日(24日、大阪・ヤンマースタジアム長居)

 女子100メートル決勝で福島千里(28)が11秒58(向かい風0・2メートル)で8連覇を逃した。参加標準11秒26も切れず、5大会連続の世陸出場も厳しい内容。200メートルとの2冠も昨年の6年連続で途絶えたが「こういうことはいつかは来る。ここで終わりじゃない」と25日の200メートル決勝へ前を向いた。

 後半に追い上げて11秒52で走り、初優勝した市川華菜(26)は「日本選手権で勝てたのは成長」と喜んだ。

最終更新:6/25(日) 7:04
スポーツ報知