ここから本文です

【レース速報】リタイアしたライコネンとペレス・・・赤旗中に復活!/F1アゼルバイジャンGP

6/25(日) 23:25配信

TopNews

F1アゼルバイジャンGP決勝レースが日本時間25日(日)22時にスタートしてから3度のセーフティカーと赤旗が出ていた。レース開始から1時間15分、ようやく赤旗が解除され、51周のレースは23周目から再開された。

●【レース速報】危険行為!ベッテルに10秒ペナルティ!アロンソ現在8位/F1アゼルバイジャンGP

この赤旗中断中に、一度はリタイアしていたセルジオ・ペレス(フォース・インディア)とキミ・ライコネン(フェラーリ)がガレージ内でクルマを修復して復活した。トップのルイス・ハミルトン(メルセデス)から1周遅れで戻れることになり、何が起こるかわからないサバイバルレースで入賞のチャンスを伺う。

現在リタイアしたのはジョリオン・パーマー(ルノー)、ダニール・クビアト(トロロッソ)、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)の3台。コース上には復活したペレスとライコネンが加わり17台が走行中だ。

フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)はリスタートで6位に上がっている。

最終更新:6/26(月) 0:38
TopNews