ここから本文です

ジュビロ磐田、2-0で勝利を収めて3連勝…FC東京は大久保嘉人が負傷交代/J1リーグ第16節

6/25(日) 20:16配信

GOAL

■J1第16節 磐田 2-0 FC東京

磐田:川又(11分)、アダイウトン(78分)

FC東京:なし

明治安田生命J1リーグ第16節が25日に行われ、ヤマハスタジアムではジュビロ磐田とFC東京が対戦した。試合は、2-0で磐田が勝利を収めた。

リーグ戦で強豪クラブを相手に2連勝を挙げている磐田と、天皇杯2回戦でまさかの敗戦を喫したFC東京の対戦。先に試合を動かしたのは磐田。11分、MF川辺駿が右サイドからクロスボールを上げると、FC東京GK林彰洋は飛び出すも触れず。待ち構えていたFW川又堅碁のヘディングシュートで磐田が先制に成功する。21分、FW大久保嘉人が負傷。苦悶の表情を浮かべたまま、担架で運ばれる。MF永井謙佑が交代投入された。

75分、FC東京のCKから、磐田のゴール前で混戦となる。ボールがゴールラインに迫るも、GKカミンスキーが身体で抱え込み、ラインを越えさせない。78分、中盤でボールを持ったMF中村俊輔がパスコースを吟味。川辺へパスを送ると、これがカウンター攻撃となり、最後はMFアダイウトンがシュート。アダイウトンのリーグ戦3試合連続ゴールで、磐田がFC東京を突き放した。

最後まで積極性を見せた磐田が2-0で勝利。磐田はこれでリーグ戦3連勝。 一方のFC東京は、天皇杯での悪い流れを断ち切れなかった。

GOAL

最終更新:6/25(日) 20:16
GOAL