ここから本文です

「ライアー×ライアー」7年の連載に幕、自分×義弟×自分の三角関係描く

6/25(日) 14:09配信

コミックナタリー

金田一蓮十郎「ライアー×ライアー」が、発売中のデザート8月号(講談社)にて完結した。

【写真】デザート8月号(他1枚)

今号の表紙と巻頭カラーを飾った「ライアー×ライアー」は、気まぐれで女子高生に変装した主人公・高槻湊が、その正体を知らない義弟の透に思いを寄せられてしまうラブストーリー。本当の自分と、高校生としての自分、そして義弟という不思議な三角関係が描かれる。2010年2月に連載がスタートし、ドラマCD化もされた。最終10巻は9月13日に発売される。

完結を記念し、誌面ではこれまでのエピソードを振り返るカラー口絵「ライアー×ライアー完結記念SPメモリアル」を掲載。さらに単行本全10巻が収納できるBOXを応募者全員にプレゼントする。応募方法の詳細は本誌にて確認を。さらにデザート公式Twitterでは「ライアー×ライアー」のキャラクター人気投票も実施している。

そのほか今号では、またデザート全連載作品の特製Tシャツのプレゼント企画も実施。連載22作品に加え、実写映画化が決定したろびこ「となりの怪物くん」のTシャツも用意されている。なお、7月24日発売の次号デザート9月号にて、葉月かなえ「好きっていいなよ。」が最終回を迎える。