ここから本文です

鹿島アントラーズ、大岩体制で3連勝…ペドロ・ジュニオールが2戦連発/J1リーグ第16節

6/25(日) 20:27配信

GOAL

■J1第16節 鹿島 2-0 新潟

鹿島:ペドロ・ジュニオール(57分)、レアンドロ(75分)

新潟:なし

明治安田生命J1リーグ第16節が25日に行われ、県立カシマサッカースタジアムでは鹿島アントラーズとアルビレックス新潟が対戦した。試合は鹿島が2-0で新潟を下し、大岩剛監督体制で3連勝を飾った。

大岩監督が就任してから連勝中の鹿島。前節はホームのカシマスタジアムで早々に3ゴールを奪って大勝を飾った。一方、第12節から呂比須ワグナー監督が就任した新潟は、初戦の北海道コンサドーレ札幌戦で今季2勝目を飾ったものの、以降は3連敗と苦しい状況が続いている。勢いのある鹿島に対し、新潟はなんとか粘りを見せたいところだ。

最初の決定機はアウェイに乗り込んだ新潟。23分、前線で矢野貴章がボールをキープすると、落としたボールから加藤大が左足でミドルシュートを狙った。強烈なシュートは惜しくもクロスバーを直撃。こぼれ球にホニが反応したが、ここもGKクォン・スンテに防がれてしまった。その後も新潟が何度もチャンスを作ったが、前半はスコアレスでハーフタイムを迎える。

スコアが動いたのは後半立ち上がりの57分。右CKを獲得すると、小笠原満男がクロスを入れる。がヘディングシュートを放つと、これは右ポストを直撃。こぼれ球をペドロ・ジュニオールが押し込み、鹿島が先制に成功した。ペドロ・ジュニオールにとっては前節の札幌戦に続いて2試合連続ゴールとなった。

さらに75分、ペドロ・ジュニオールからスルーパスを受けたレアンドロがゴール前で決定機を迎えると、軽くボールを浮かせてGKを越えるシュートを沈め、鹿島が追加点を奪った。

2点のリードを許した新潟はこのままゴールを返すことができず。鹿島が2-0で新潟を下した。

GOAL

最終更新:6/25(日) 20:27
GOAL

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1