ここから本文です

山村浩二「頭山」、虫プロ製作「哀しみのベラドンナ」などアニメ19本を上映

6/25(日) 16:54配信

映画ナタリー

「映画の教室 2017 素材から観る日本アニメーション」と題された特集が、6月28日から7月26日の毎週水曜日に東京の東京国立近代美術館フィルムセンターで開催される。

【写真】「映画の教室 2017 素材から観る日本アニメーション」チラシビジュアル(他8枚)

この特集は、フィルムセンター所蔵作品の中から素材や手法に着目しつつ、日本のアニメーションを紹介するもの。計5回にわたるプログラムには、研究員による約15分の解説が付く。日本初の長編カラー劇場アニメ「白蛇伝」、人形アニメーション作家・持永只仁が手がけた「ペンギンぼうや ルルとキキ」、2003年にアヌシー国際アニメーション映画祭の短編部門グランプリを獲得した山村浩二の「頭山」、虫プロダクションが大人向けに制作した「アニメラマ」シリーズ第3弾「哀しみのベラドンナ」など全19本がラインナップされた。詳しくは会場の公式サイトで確認を。

映画の教室 2017 素材から観る日本アニメーション
2017年6月28日(水)~7月26日(水)東京都 東京国立近代美術館フィルムセンター
※毎週水曜開催
開場 19:00 / 開演 19:20
料金:一般 520円 / 高校・大学生、シニア 310円 / 小・中学生 100円 / 障害者・キャンパスメンバーズ 無料

6月28日(水)切り紙・影絵アニメーション(約64分)
<上映作品>
「黒ニャゴ」デジタル復元版
「くじら(KUJIRA)」デジタル復元版
「幽霊船(YUUREISEN)」デジタル復元版
「お蝶夫人の幻想」
「お花のおひめさま」
「新版 月の宮の王女様」サクラグラフ版

7月5日(水)人形アニメーション(約61分)
<上映作品>
「ペンギンぼうや ルルとキキ」
「道成寺」
「おこんじょうるり」

7月12日(水)セルアニメーション:東映動画(79分)
<上映作品>
「白蛇伝」

7月19日(水)セルアニメーション:虫プロ(80分)
<上映作品>
「哀しみのベラドンナ」

7月26日(水)さまざまな素材と手法(約53分)
<上映作品>
「煙り草物語」
「AN EXPRESSION(表現)」
「PROPAGATE(開花)」
「人間動物園」
「めもりい」
「創世記」
「りすのパナシ」
「頭山」

最終更新:6/25(日) 16:54
映画ナタリー