ここから本文です

柏レイソルが接戦制し首位キープ…2位のC大阪は4得点快勝/J1リーグ第15節

6/25(日) 21:35配信

GOAL

明治安田生命J1リーグ第16節が6月25日、9試合行われた。柏レイソルが白星を挙げて首位をキープし、2位のセレッソ大阪も勝ってこれに続いた。北海道コンサドーレ札幌は6連敗を喫し、浦和レッズが3連敗となっている。

C大阪は早い時間帯にFW柿谷曜一朗とMF山村和也のゴールで2点を先行する。1点を返されて試合を折り返すも、後半にも2点を加えて4-2でベガルタ仙台を下した。

3連勝中の横浜FMは後半開始早々にMF中町公祐のゴールで先制。終盤にもウーゴ・ヴィエイラが追加点を挙げると、ヴィッセル神戸の攻撃を無失点に抑えて2-0で勝利。リーグ戦4連勝とした。

清水エスパルスは60分、DF二見宏志がゴール前の混戦から先制ゴールを挙げる。これが決勝点となって1-0でヴァンフォーレ甲府に勝利。清水は10試合ぶりの白星で、甲府は7戦勝ちがない。

連勝中のジュビロ磐田は11分にFW川又堅碁、78分にMFアダイウトンがゴール。対するFC東京は微妙な判定もあってゴールを奪えず、2-0で磐田の勝利となった。磐田は3連勝。

鹿島アントラーズはアルビレックス新潟と対戦。FWペドロ・ジュニオールとMFレアンドロがゴールを挙げて鹿島が2-0で勝利、3連勝とした。

大宮アルディージャはFW江坂任の3試合連続ゴールで先制すると、後半アディショナルタイムに2点を加える怒濤の攻撃でサンフレッチェ広島を圧倒。3-0で完勝となった。

柏は1-1で迎えた88分、FWディエゴ・オリヴェイラが勝ち越しゴールを決めて2-1で札幌を下した。柏は首位を守り、10試合負けなし。札幌は6連敗。

ガンバ大阪はホームで川崎フロンターレと対戦。52分にMF中村憲剛のゴールで川崎が先制すると、68分にはFW長沢駿がゴールを決めてG大阪が追いついた。試合は1-1の引き分け。

サガン鳥栖は1点リードで迎えた終盤90分、MF福田晃斗のゴールで追加点を挙げた。対する浦和は後半アディショナルタイムにPKを獲得し、FW李忠成がこれを決めるも時すでに遅く、2-1で鳥栖の勝利。浦和は3連敗となった。

試合結果は以下の通り。

明治安田生命J1リーグ第16節

6月25日

ベガルタ仙台 2-4 セレッソ大阪

横浜F・マリノス 2-0 ヴィッセル神戸

清水エスパルス 1-0 ヴァンフォーレ甲府

ジュビロ磐田 2-0 FC東京

鹿島アントラーズ 2-0 アルビレックス新潟

サンフレッチェ広島 0-3 大宮アルディージャ

柏レイソル 2-1 北海道コンサドーレ札幌

ガンバ大阪 1-1 川崎フロンターレ

サガン鳥栖 2-1 浦和レッズ

GOAL

最終更新:6/25(日) 21:35
GOAL