ここから本文です

【朝原宣治の目】サニブラウンは世陸の決勝で戦えるレベル

6/25(日) 9:01配信

デイリースポーツ

 「陸上・日本選手権」(24日、ヤンマースタジアム長居)

 男子100メートル決勝が行われ、史上初めて自己ベスト10秒0台の選手が5人そろった一戦は、15年世界ユース選手権2冠のサニブラウン・ハキーム(18)=東京陸協=が予選、準決勝で出した自己ベストを0秒01上回り、2002年・朝原宣治に並ぶ大会タイ記録の10秒05をマークし、初優勝。8月のロンドン世界選手権代表に内定した。2位の多田修平(20)=関学大、3位のケンブリッジ飛鳥(24)=ナイキ=は代表入りが確実。リオデジャネイロ五輪男子400メートル銀メダルメンバーの桐生祥秀(21)=東洋大、山県亮太(25)=セイコーホールディングス=は個人種目での代表入りを逃した。

【写真】2位の新星・多田、愛らしいマスクに鋼のメンタル「悔しい気持ちの方が大きい」

  ◇  ◇

 【朝原宣治の目】去年に続いて、まさかの雨。呪われた100メートルですね(笑)記録の面ではもったいなかったですね。

 そんな中で自己ベストを出して優勝したサニブラウン選手は、本当にレベルが高い。昨日100メートルを全力で2本、(10秒)0台で走って、今日は200メートル1本走ってから100メートルの決勝。それでもいっちゃう。普通できないですよ。本当に世界選手権の決勝で戦えるレベルです。まだ100メートルを本格的にやってないですが、今季はスタートがすごく良くなった。どこまで伸びるのか…東京に向けても楽しみですね。

 彼の強みは中盤から後半の強さ。多田選手のような回転の速さはありませんが、大きなストライドで1歩1歩に無駄がない。僕らの言葉で「ポジションが取れる」と言うのですが、しっかり地面を蹴って地面を捉えながら走れている。あれだけ身長があるのに(188センチ)体が浮かず、重心を抑えて走れるのも優れたところです。

 逆にそれができず、体が泳いでしまったのが桐生選手です。加速段階で硬さが出て、本来の走りができませんでした。隣の多田選手、ケンブリッジ選手がいい走りをしていたことで焦りもあったでしょう。山県選手も故障のブランクがあって、うまく調整できませんでした。昨日、予選の後にものすごくショックを受けているようでしたから、自分の思うように体が動いていなかったのでしょう。

 多田選手は新参者。決勝でどうなるか半信半疑のところもありましたが、スタートのうまさという自分の武器を見事に発揮して耐えました。本物です!

 それにしても、何でこんなに速い選手がそろったんでしょう。今は100メートル歴代王者が集まっている状態。1人が9秒台を出せば、どんどん続く選手が出るでしょう。(世界選手権の)ロンドンは走りやすいトラックですから記録の面でも楽しみです。(08年北京五輪男子400メートルリレー銅メダリスト、「NOBY T&F CLUB」主宰)