ここから本文です

パクドル初主演映画、舞台挨拶で“お仕置き”シーンを再現

6/25(日) 20:35配信

音楽ナタリー

パクドルの初主演映画「ザ・ムービー『私の頭の中のパクドル』」の公開を記念した舞台挨拶付き上映会が、昨日6月24日に東京・新宿バルト9で開催。主演のパクドルと共演の岡本玲、HERO、アルスマグナの九瓏ケントと榊原タツキが登壇した。

【写真】左からHERO、パクドル、岡本玲。(他7枚)

本作は岡本が演じる冴えないOL・玲奈がパクドルと出会い、彼に振り回されながらも一歩踏み出す勇気を与えられる様子を描く。舞台挨拶でパクドルは「スタッフの皆さん、キャストの皆さんが僕の初めての演技を引っ張ってくれたことがすごくうれしくて、楽しかったです」と撮影チームの結束を語り、本作でコメディに初挑戦した岡本は「それぞれがさらに光る要素になっていて、いろんな相乗効果がある楽しい作品になっています」と映画の出来映えをアピールした。

映画に多数登場するアルスマグナのライブシーンの話題になると、榊原は「ライブでは味わえないキュンキュンを楽しめる」と話す。そして主題歌であるアルスマグナの新曲「全開で行こう」について「自分への応援歌となっておりまして、挑戦するときは限界を作らないで、何事にも全開を出して行けるための応援歌です! 新しいことに挑戦するとき、ちょっと勇気が湧かないときに聴いていただけたらと思います」と語った。

また、出演者たちは映画のワンシーンをその場で再現する企画にも挑戦。パクドルと玲奈の初デートシーンの再現では、パクドルの「お仕置きだ」という一言に会場のファンからため息がこぼれ、岡本が演じる玲奈が「助けてアルスー!!」と絶叫すると歓声が沸き起こった。

本作は6月30日まで、全国の映画館10館で公開中。主題歌シングル「全開で行こう」は6月28日にリリースされる。

最終更新:6/25(日) 20:35
音楽ナタリー