ここから本文です

広島・鈴木が先制適時打、鳥谷のエラーと四球に乗じる

6/25(日) 13:58配信

デイリースポーツ

 「広島-阪神」(25日、マツダスタジアム)

 広島が、阪神のエラーと四球に乗じ、鈴木誠也外野手の適時打で先制点を奪った。

 初回、1死から阪神三塁の鳥谷が失策し、菊池が出塁。丸が四球を選び1死一、二塁のチャンスを作った。打席に立った鈴木。カウント2-2からの5球目、岩貞の投じた外角寄りの126キロチェンジアップを捉えた。打球は三遊間破る左前の先制打。その間に菊池が本塁へ生還し、先制点を奪った。

 「先制点につながるヒットになってよかったです」と振り返った。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/21(木) 21:25