ここから本文です

吉本新喜劇最年少&初女座長・酒井藍にハイヒール・リンゴが送った言葉とは

6/25(日) 14:00配信

デイリースポーツ

 吉本新喜劇での酒井藍が初の女性座長にすることになった。1999年に、現在の座長制度に以降して以来、最年少でもある。そんな酒井に事務所の先輩でもあるハイヒール・リンゴがエールを送った。

【写真】ハイヒール・モモコ 小出恵介と飲み会同席 「私のこと、狙うてた」

   ◇   ◇

 吉本の後輩である酒井藍ちゃんが7月26日から、吉本新喜劇の座長を務めることになりました。女性では初めてのことです。

 実は座長が発表される前日にテレビ番組で一緒になって、藍ちゃんが「あした発表になるんですけど、女座長をやることになりました」と、挨拶に来てくれました。

 お正月の番組で「今年の夢はなんですか」と聞かれた彼女が「新喜劇の女座長になりたい」と答えて、私は「100年早いわ!」っというツッコミをしたと思うんですけど、まさかこんなに早く夢が叶うとはね。

 実際にそうなって、彼女の中にもいろいろと葛藤はあったと思うんですよ。若いし、女の子ということもあるだろうし…。

 それでも、彼女はちゃんと気配りもあいさつもできる娘なので、私は新喜劇の外にいる人間ですけど、外から見ていて彼女には座長が十分務まると思いました。

 不安はあるだろうから、藍ちゃんには「みんな表向きは『おめでとう、おめでとう』って言うけど、アナタが女ということと若いということで、色々言う人がいるかもしれんけど、気にしたらアカンで」と話したんです。

 私も、最初に女性で初めて番組司会をすることになったときに、番組ではニコニコ笑ってたけど、終わってからいろいろと言われたことがありました。だから、藍ちゃんにも「言われても、その言葉で傷つくことはないよ。負け惜しみだと思って聞いとき」と話したんです。

 後で回り回って「リンゴさんがああ言ってくれてうれしかった」と、藍ちゃんが話してくれていたと聞きました。

 皆さんもぜひ、藍ちゃんを温かく見守って上げてくださいね。

  ◇  ◇

 ハイヒール・リンゴ 1961年8月9日生まれ、大阪府枚方市出身。NSC1期生。モモコとコンビを結成し83年デビュー。95年上方漫才大賞受賞。テレビでも多くのレギュラーを持ち、その司会術や仕切りのうまさには定評がある。10年から大阪学院大学で金融論を学び、名誉博士号を授与される。