ここから本文です

中日・福田の打球でリプレー検証 フェンス手すり越えず判定そのまま二塁打

6/25(日) 14:34配信

デイリースポーツ

 「巨人-中日」(25日、東京ドーム)

 二回、中日・福田永将内野手の打球を巡り、リプレー検証が行われた。

 2死から、山口俊の4球目をすくい上げるようにして左翼へ運ぶと、ボールははね返ってフィールドへ戻ってきた。

 当初の判定はインプレーで福田は二塁に到達していたため、二塁打。ここで審判団がリプレー検証の実施をアナウンスした。なお、テレビ中継のリプレーでは、フェンス上部の黄色い手すりに当たってはね返るボールがはっきりと映し出されていた。この手すりを越えなければ、ホームランとはならない。

 ほどなく、インプレーが宣告され、福田への判定は変わらずプレーが再開。中日は続く松井が歩かされた後、9番・投手の柳が空振り三振に倒れ、この回は無得点だった。