ここから本文です

【東京新馬戦】スワーヴエドワード快勝!エイシンフラッシュ産駒初勝利

6/25(日) 13:14配信

スポーツ報知

 25日の東京5R・2歳新馬戦(芝1800メートル=12頭立て)は、エイシンフラッシュ産駒のスワーヴエドワード(牡、美浦・国枝栄厩舎)が、1番人気に応えて快勝した。新種牡馬の父エイシンフラッシュに、待望の産駒初勝利を届けた。勝ち時計は1分52秒3。

 将来性を感じさせる走りだった。道中は5番手で折り合い、直線では徐々に加速。残り200メートル付近で戸崎騎手が手綱をしごくと、弾むような伸び脚を見せて、2着のライトカラカゼに1馬身1/4差をつけた。ノーステッキで押し切り、最後は流す余裕を見せた勝ちっぷりに、戸崎は「追い切りをやった時は(気持ちの)スイッチが入ったので、そこは気をつけました。すぐに落ち着いてよかった。(直線は)進路を探して、優等生な感じのレースをしていたので、先々が楽しみです。(距離は)延びても大丈夫そう」と、うなずいた。

 国枝調教師は「無事に東京で勝てたので、ゆっくりと夏はひと息入れて。(あえて課題を挙げるなら)気持ちだよね。今日はうまくコントロールできていたけど」と笑顔で今後の成長に期待を膨らませていた。

最終更新:7/15(土) 4:52
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ