ここから本文です

松井秀喜氏「親子のキャッチボールは僕の原点」小学生対象の野球教室、フリー打撃で柵越え2本も

6/25(日) 14:36配信

スポーツ報知

 巨人、ヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏(43)=ヤンキースGM付特別アドバイザー=が25日、川崎市内のジャイアンツ球場で小学生を対象とした野球教室を開催した。

 キャッチボールでは身ぶり手ぶりで指導し、打撃では自らが打撃投手になるなど、精力的に汗を流した。教室の最後にはフリー打撃も披露。16スイング中、2本の柵越えを放った。国内では3度目の開催となったが、今回は初めての親子で参加者を募集。49組98人が集まった。指導を受けた子供だけでなく、その親も松井氏の力強いスイングにくぎ付けとなった。

 質問コーナーで「小学校の頃にやっていた練習は何ですか?」と聞かれ「素振りです。100回くらいかない。でも数じゃない。気持ちをどれだけ入れて振るかだよ」と回答。女の子から「将来の夢は何ですか」と聞くと「今はこれといってないから、みんなと一緒で、これから見つけたいなと思います」と笑顔で対応した。

 2児の父でもある松井氏は「親子のキャッチボールは僕にとって原点。時間があったら時間を割いてでも(子供と)キャッチボールをしてあげてください」と親子の絆を大事にしてほしいとメッセージを送り、球場を後にした。

最終更新:6/25(日) 15:13
スポーツ報知