ここから本文です

【中日】ゲレーロ、両リーグ20号一番乗り!苦手な4番で初アーチ

6/25(日) 15:18配信

スポーツ報知

◆巨人―中日(25日・東京ドーム)

 中日のアレックス・ゲレーロ内野手(30)が両リーグ20号本塁打一番乗りを果たした。

 4回先頭でフルカウントから山口俊の甘いスライダーをフルスイングすると、打球は左翼スタンドへ。「追い込まれていたけど、変化球にうまく対応できたよ」。これで5月9日のDeNA戦(岐阜)で放った6号から15本塁打連続でソロアーチ。20本中17本が無走者で放った一発と“ソロアーチスト”ぶりは健在だ。

 ビシエドが米国市民権取得のため渡米した16日の西武戦(ナゴヤドーム)以来、6試合連続で4番に座っている。「キューバ時代から4番が苦手なんだ。考えすぎないようにはしてるんだけどね…」と打ち明けたように、西武3連戦は計12打席無安打6三振と散々だった。

 しかし23日の巨人戦(東京ドーム)でカミネロから4番として16打席目で初安打(左翼線二塁打)を放つと、前日(24日)の同カードでは適時打を含む2安打。4番として22打席目の初本塁打だった。24日にマイコラスから右上腕に受けた死球の影響もなさそうで、居心地の悪い打順にも慣れてきたようだ。

最終更新:6/25(日) 15:58
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/23(日) 10:10