ここから本文です

【UHB杯】伏兵ウエスタンユーノーが逃げ切り 横山兄弟ワンツーで3連単42万円超の高配当

6/25(日) 16:56配信

スポーツ報知

 6月25日の函館競馬11R、UHB杯(3歳上1000万、芝1200メートル、15頭立て)は、横山和生騎手騎乗のアドマイヤコジーン産駒、ウエスタンユーノー(牝6歳、美浦・菊沢隆徳厩舎)が逃げ切り勝ち。12番人気の伏兵が1着で、2着にはルーキー横山武史騎手騎乗の7番人気ラホーヤビーチが入り、初の横山兄弟ワンツーに。3連単は40万円オーバー(42万6680円)の波乱決着をもたらした。勝ち時計は1分8秒4。

 好スタートから主導権を奪ったウエスタンユーノーは、直線に入っても脚いろは鈍らない。最後は外から迫る2着馬の追撃を1馬身差で退けて、準オープン入りを決めた。兄・横山和は「ハンデが52キロでしたし、馬の具合も良かったので信じて乗りました。期待に応えて頑張ってくれました」と笑顔。惜しくも2着の弟・横山武は「兄の馬が前にいたので、余計に勝ちたかったのですが…。兄の威厳を見せられました」と悔しそうに振り返っていた。

最終更新:6/25(日) 16:56
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ