ここから本文です

欅坂が厳戒握手会…平手は欠席 なぜ果物ナイフ男が金属探知機通過?

6/25(日) 20:31配信

デイリースポーツ

 アイドルグループ・欅坂46の握手会イベントが25日、千葉市の幕張メッセで行われた。同イベントでは24日に、会場内で発煙筒のようなものをたき、果物ナイフを所持していたとして、銃刀法違反の疑いで札幌市白石区の無職、阿部凌平容疑者(24)が逮捕されていた。

【写真】発煙筒のようなものから白煙が上がる欅坂のイベント会場

 事件から一夜明け、会場では前日よりも警備員を増員し、手荷物検査や金属探知機による検査を強化。千葉県警は約20人態勢で警戒した。公式サイトには「本日は手荷物検査も普段より厳重にさせて頂いており、ご入場にお時間がかかってしまいご迷惑をおかけして申し訳ありません」との文面もアップされた。

 前日には、参加券を持たない人間も入ることのできたフリースペースも閉鎖された。

 また、前日の金属探知機による検査は、主に身体が対象で、手荷物は目視での確認のみだったと証言する来場者もいた。ただ、この日の来場者によると、金属探知機はゲート型ではなくハンディ型で、手荷物の検査は念入りに行われたという。

 阿部容疑者は調べに対し、1人のメンバーの名を挙げ「刺して殺そうと思った」と供述しているという。この日の握手会では、阿部容疑者が並んでいたレーンで握手を行っていた人気メンバーの平手友梨奈(16)と柿崎芽実(15)が欠席した。訪れた20代の男性ファンは、デイリースポーツの取材に「てち(平手の愛称)に会いに来たのに…。残念だけど、あんなことがあったら出てきて欲しいとは言えない」と渋い表情。さらに「金属探知機があるのに、どうやってナイフなんて持ち込めたんですかね?」と不思議そうだった。