ここから本文です

【宝塚記念】ゴールドアクター2着で関東馬ワンツーに 横山典「前走とは状態が違っていた」

6/25(日) 18:12配信

スポーツ報知

◆第58回宝塚記念・G1(6月25日・芝2200メートル、阪神競馬場、稍重)

 ミルコ・デムーロ騎手が騎乗した3番人気のサトノクラウン(牡5歳、美浦・堀宣行厩舎)が直線で外から差し切って優勝。昨年末の香港ヴァーズ以来のG1制覇は、自身にとってはJRA初制覇となった。2着は直線で内から伸びた5番人気のゴールドアクター(横山典弘騎手騎乗)で関東馬のワンツーに。3着は“紅一点”の4番人気のミッキークイーン(浜中俊騎手騎乗)。武豊騎手が騎乗した単勝1番人気のキタサンブラックは道中3番手追走から直線で伸びず、9着に終わった。

 横山典騎手(ゴールドアクター=2着)「よく頑張ってくれた。思い通りの競馬もできたけど、きょうは半信半疑だった天皇賞の時とは状態が違った。中間の調整の工夫で劇的に変わってくれて、返し馬も全然(前走と)違った。負けたのは残念だけど、勝った馬も強いからね」

最終更新:6/25(日) 18:42
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ