ここから本文です

リンゴの「ギャラ告白に苦言」に松本人志が賛同も…最後は大ブーメラン

6/26(月) 0:36配信

デイリースポーツ

 ダウンタウン・松本人志がコメンテーターを務める25日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜、前10・00)で、女性お笑いコンビ・ハイヒールのリンゴが芸人のギャラ告白風潮に苦言を呈して話題となったデイリースポーツのコラムが、テーマで取り上げられた。

【写真】リンゴ、芸人のギャラ告白…いい風潮だとは思わない

 松本は「リンゴの言うてることも分かる」「いいこととは思わない」と同調するも、傍らのHKT48・指原莉乃に「年収3億ありますからね」と突っ込み、最後は松本自身が年収12億説を詰問されて紛糾状態となった。

 リンゴはコラムで「ハッキリと数字を言った人の方が、拍手喝采を浴びる傾向にある」と指摘。そのうえで、告白したことで各方面に迷惑をかけたり、立場によってはいい気分がしない人もいるとして「上手く返せるような技、納得してくれるトークをまず磨かなきゃ」「夢の部分で残しておいてもいい」と訴えた。

 このコラム内容が番組で紹介されると、松本は「でもうちの浜田さんがお金の話が好きでね。俺が横でやめとけとも言えんしなあ」と笑わせた。

 そのうえで「リアルな数字を言って引かれることもあれば、(うまく言い回しても)逃がしてくれんこともあるし、難しいなあ」と思案。松本自身はギャラ告白は「いいとは思わないけど」としたが、傍らの指原に顔を向け「指原、年収3億ありますからね」とぶっ込み。指原は「もう余計なこと言わないでください。稼いでない、そんなに」と反論したが、最近に歩合給になったことを明かすと、司会の東野幸治が色めきだち「3年前から歩合にしてたら良かったと思った?」と詰問を開始した。

 さらに話題は、松本に月収1億予想があることに飛び火。東野が「年収12億!?」とノリノリで突っ込み、苦笑いを続けていた松本は、最後はお茶を白目をむいて飲み始めた。東野が「もうやめとこ」と追及をとめると、松本は「ほんと、ない」と一応は否定していた。