ここから本文です

尚弥のいとこ井上浩樹、デビュー8連勝「いつでも日本タイトルをやりたい」

6/25(日) 19:15配信

スポーツ報知

◆プロボクシング ▽ウエルター級10回戦(64・5キロ契約) 〇井上浩樹(KO 1回1分1秒)ニル・ウィソラム●(25日、東京・町田市立総合体育館)

 WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(24)=大橋=のいとこで、日本スーパーライト級7位の井上浩樹(こうき、25)=大橋=がプロデビューから8連勝を飾った。ニル・ウィソラム(タイ)に1回1分1秒KO勝ちした。井上浩は8勝(7KO)となった。

 立ち上がりから試合を支配した井上浩は強烈な右フックで相手を仰向けにし、10カウントを聞かせた。「パンチの感触はそうでもなかったけど、そういう時の方が立ってこない」と振り返った。「いい感じで倒せたので良かった。(陣営の大橋秀行)会長が許してくれるのなら、いつでも日本タイトルをやりたい」と話した。

 次戦は8月30日、東京・後楽園ホールで日本スーパーライト級9位の青木クリスチャーノ(駿河)と対戦する予定。井上浩は「次を勝って、年末くらいにタイトルマッチをやれたら」と青写真を描いた。大橋秀行会長(52)は「自信がついてきた。日本でも東洋太平洋でも、もう挑戦しても大丈夫」と、うなずいた。

最終更新:6/25(日) 19:15
スポーツ報知